【最新話・ネタバレ・文字バレ・画バレ】

斉木楠雄のΨ難 163話 ネタバレ


『オーラΨトをかいくぐれ!』

--------------------------------------

相卜が完全復活でオーラが
見えるようになり、運命の人探し

斉木は、どうしたものかと思い、
学校を休んだ

海藤と窪谷須が話してる所に相卜が来る

相卜は窪谷須のオーラを見て
只者じゃないと見る

修羅場をかなりくぐっており
凄く鋭いギザギザのオーラ、
特に襟足のオーラが半端ない

窪谷須がシリアスな顔で
なぜ襟足の事を知ってるのかと連呼

--------------------------------------

斉木は千里眼で学校を観察している

斉木
(一見はただのイモ野郎の
 窪谷須の素性を的確に当てた

 やはり本物、あの能力を破らないと
 2度といけないぞ…)

学校を休んだ斉木を両親は
いじめにあっているのではないか
と心配していた

--------------------------------------

相卜は窪谷須に対して言う

相卜
「命って呼んでよぉ~
 アタシ強い男好きなんだよね~
 超ドMだしぃ~」

相卜が窪谷須のオーラについて話す
よく分からないけど嬉しい窪谷須

--------------------------------------

次に相卜は海藤のオーラを見る

海藤は凄い特殊なオーラで
リスと同じぐらいしかない
(リス並のオーラ)

その結果に対して、海藤は
顔を真っ赤にしながら言う

海藤
「認めないぞ!ペテン師!」

--------------------------------------

クラスの皆が登校して来たので
一気にオーラを見てみる相卜

灰呂のオーラは、
まるっきり炎でピュア熱血野郎

才虎のオーラは、凄い眩しくて、
金持ちおっさんとは段違い
相当な金持ちのボンボン

その時、凄まじいオーラの
持ち主を感じた相ト

そのオーラは高橋…
ではなくて後ろ照橋だった

所々黒い羽根があるが全然気にならない
ちなみに高橋のオーラはドロドロだった

相卜は運命の相手を探してる中、
ち××のオーラの奴を発見する(鳥束)

--------------------------------------

斉木は千里眼とテレパシーの
同時使用で疲れていた

斉木は誤魔化すのは無理と考え、
覚悟を決めて学校へ行く

そして観念した斉木は相卜に
超能力を打ち開けようとする

その時、相卜のオーラを見る力が
急に見えなくなる

斉木が近くにいると
オーラが見えなくなる様子

最後に相卜のオーラが復活、
凄いオーラの持ち主を発見する

その主は燃堂だったので、
相卜が一言

【随時、更新】

相卜
「チェンジ」


斉木楠雄のΨ難 164話 ネタバレに続く

--------------------------------------